ハナタカ優越館 魚の目利き ・さかな検定 6/22 日本人の3割しか知らないこと

ハナタカ優越館 日本人の3割しか知らないこと
魚の目利き ・さかな検定 6/22 

6月22日放送のハナタカ優越館は、さかなの目利き方法。今が旬の魚の目利き方法を紹介!さかな検定3級合格の小学生、高校生コンビに大人もタジタジ!

6月22日の、今の常識、食品保存方法・昭和言葉はこちら



・日本人が消費する魚介類ランキングトップ10

10位 カレイ
9位 カツオ
8位 サバ
7位 アジ
6位 エビ
5位 サンマ
4位 イカ
3位 ブリ
2位 マグロ
1位 サーモン

魚介類.jpg

・サーモンは、平均すると一人年間約2.7kg食べている

さかな検定3級合格 今月2級を目指している、山下世渚くん(15才)、伊藤柚貴(8才)が教えるさかなの目利き方法!

1割しか知らないこと

・天然と養殖のタイは、鼻の穴の数が違う
天然は穴が左右に2つずつ、計つある。
養殖は左右に1っずつ計2つしかない

天然.jpg


養殖.jpg

・鼻の穴がなかった場合、色で見分ける
養殖だったら、あまり深く潜れないので、日焼けして色が少し黒い。

日焼け.jpg

◆アジ、イワシの目利き方法◆

アジやイワシの目利き方法は・・・目を見ると答えた人は、5割

では、2割しか知らないアジやイワシの目利き方法は・・・

・新鮮な魚は、肛門の締りで分かる。
肛門が開いていて内蔵が出ていると鮮度が悪い。全ての魚に共通すること。肛門が締まっているのが新鮮。

内.jpg

魚は食べているエサによって香りが違う香りは筋肉ではなく脂に蓄積されるので、マグロやカツオは脂が乗るほど風味がいい。

◆アジの目利き方法◆

・脂の乗ったアジは顔が小顔に見えるものがいい


瀬付き味.jpg

アジはもともと回遊魚だが、瀬つきアジは内海で育っているので、回遊するものよりも身が太く小顔に見え、脂質がのるので美味しいと言われている。
サッパリ系が好みなら、回遊している方がいい。

瀬付きあじ.jpg

◆パックの刺し身の目利き方法◆

・鯛の場合、血合いの模様が薄い方が脂が多い。
濃い赤色より、薄い色味の方がオススメ。

血合い.jpg
答えはB。血合いの薄い方。

・20~30代の女性の6割は、魚を3枚におろしたことがない

◆イカの下ごしらえ◆

3割しか知らないこと

・イカの長い2本の腕は切った方がいい

長い2本の腕は雑菌だらけなので、切る。

イカの足.jpg

・イカは水で洗わない方がいい
水道水で洗うと、水っぽくなるから。表面の汚れを取る程度でいい。

・イカの刺し身に飾り包丁の切れ目を入れるのは、アニサキス対策

飾り包丁.jpg

◆アニサキス対策◆

寄生虫がいる場合は、蛍光灯にかざすと分かる。
アニサキスは、海の生きものに寄生することが多い。イカ、マグロ、サーモンなど。アニサキスを生きたまま食べると、嘔吐や腹痛を起こす。
加熱や長時間の冷凍で死滅させられる。

アニサキス.jpg

・細かく切ることでアニサキス対策になる
イカソーメンはアジのなめろうなどの料理も細かく切ることでアニサキス対策にもなる。

アジのなめろう.jpg


6月22日の、今の常識、食品保存方法・昭和言葉はこちら




◆関連記事◆
→ ハナタカ優越館 9/7 今どきの常識・魔法の言葉・便利なハナタカ・日本地図
◆今、あなたへおすすめ[PR]