ハナタカ優越館10月5日~ジャガイモ・タマネギ目利き、肉じゃが作り方、魔法の言葉~日本人の3割しか知らないこと


ハナタカ優越館10月5日~ジャガイモ・タマネギ目利き、肉じゃが作り方、魔法の言葉~日本人の3割しか知らないこと


キーワード:10月5日,レシート,爪,バスタオル,ストロー,ジャガイモ,タマネギ,肉じゃが,魔法の一言,野菜ソムリエ

2017年10月5日の「ハナタカ優越館~日本人の3割しか知らないこと」は、生活に役立つちょっとしたことや、知っておくと得する魔法の言葉、野菜ソムリエプロによるタマネギとジャガイモの目利きを紹介します。

野菜の味が引き立つ「おいしい肉じゃがの作り方」もあるので、お楽しみに!

日本人の3割しか知らないこととして、
・糊付けした封筒はアイロンをかけるとキレイにはがせる
・手についた油はポリ袋でこするとキレイに取れる
などを、ハナタカ優越館では、これまでに紹介しました。

さらに今日は、知っておくと便利なことをお知らせします。

 



4割が知っている
・レシートの表で爪をこすると爪がピカピカになる

ハナタカ優越館1005レシート.jpg

レシートの表は細かい凹凸があり、ヤスリのような効果がある。さらにレシートは、普通紙よりも油分が多いため、ワックスのような効果がある。インクで黒くなることもないと言う。

4割が知っている
・バスタオルは外巻きにするとずり落ちない

ハナタカ優越館1005バスタオル巻き方.jpg

女性のバスタオルの巻き方で、バスタオルを外に巻いて行くとずり落ちない。外側に巻くと摩擦が大きくなってずり落ちにくくなる。6割が知らなかった。

4割が知っている
・紙パックについているストローは剥がして取らない方がいい
メーカーおすすめのストローの出し方は、袋をつけたままストローを取る。袋ごと剥がすと、ストローが折れたりするから。

ハナタカ優越館1005ストロー.jpg

紙パックには、意外と知らないハナタカがある。

ハナタカ優越館1005紙パック.jpg

紙パックの上部のたたんである部分を開くと、「たたんでくれてありがとう」のメッセージが書かれてある。

・スナック菓子の袋のとじ方

以前ハナタカ優越館で紹介した、スナック菓子の袋のとじ方。
1.袋を閉じたいところまで折る。
2.裏返して、両端に三角形を作り内側に折り込む。
3.もう一度裏返す。
とか、
・アルミホイルを巻いて折りたたむ、がありました。

今回は、ストローを使った新しい袋のとじ方を紹介します。

1.袋でストローをクルクルと巻く

ハナタカ優越館1005スナック菓子.jpg

2.もう一本のストローは切り込みを入れて開くようにする。開いたストローで巻いた部分を覆うように閉じる。
ハナタカ優越館1005スナック菓子2.jpg

 



◆魔法の一言◆

中古車センターで車が安くなる一言
・店長に聞いて安くできませんか?

ハナタカ優越館1005店長.jpg

一番値引き幅の大きいのは店長だそうだ。車の販売店の店員さんは、値引き額の権限が決まっていることが多いが、店長だと店員よりも値引き額が大きいことがある。

お医者さんがより親身になってくれる一言
・メモを取ってもいいですか?

ハナタカ優越館1005お医者さん.jpg

お医者さんも日々の診察で気が抜けることもあるはず。真剣に自分の病気について聞いている姿勢を見せることで、お医者さんもより親身になってくれる。

視聴者から、農家の人に「これ食べられますか?」と言うと、タダで野菜がもらえるはずと投稿があったそうです。そこで、番組では検証するために取材してみたそうです。
・これ食べられますか?

ハナタカ優越館1005これ食べられますか.jpg

結果は、取材したところはもらえたようです。農家の方は自分が作ったものに誇りをもっていて、一人でも多くの方に美味しいものを食べてもらいたいからだそうです。

これは番組の検証なので、農家の方に迷惑をかけないようにしてくださいとのことでした。



◆ジャガイモのハナタカ◆

今週も、野菜ソムリエプロの森之翼くんが登場し、野菜について教えてくれました。

4割が知っている
・じゃがいもは冷蔵庫で保存すると味が落ちる

ハナタカ優越館1005ジャガイモ冷蔵庫.jpg

じゃがいもは冷やすと、デンプンが糖に変化し味が変わることがある。冷したじゃがいもは、揚げ物にするとすぐに焦げてしまうらしい。じゃがいもは、風通しが良い冷暗所で保存すること。

・じゃがいもの目利き方法
・大きいじゃがいもは、味も大味になる
・緑色のものはソラニンと言う毒素が含まれている
・芽のくぼみが多いと生命力が強く栄養豊富で味もいい
・芽が出ていると、芽を出すのに栄養を使ってしまって味が落ちる

ハナタカ優越館1005ジャガイモ目利き.jpg

写真だとAがよい。Bは緑色。Cは大きすぎる。Aはくぼみが多く、大きさも手頃。芽も出ていないから良いジャガイモ。

・じゃがいもはリンゴと一緒に保存すると発育を遅らせる
リンゴから出るエチレンガスが、じゃがいもの発芽を遅らせる。ほかの植物では成長を促す。メロンや桃でも可。(1割しか知らないこと)

ハナタカ優越館1005ジャガイモリンゴ.jpg

・煮物とコロッケ用のじゃがいもの見分け方
塩水に浮かべると、含まれるデンプンの量で、沈むものと浮かぶジャガイモがある。
浮くもの ― 煮崩れしにくく、おでん肉じゃがに向いている。
沈むもの ― デンプンが多く、コロッケじゃがバターに向いている。もっちりした食感になる。

ハナタカ優越館1005ジャガイモ見分け方.jpg




◆タマネギのハナタカ◆

・タマネギの目利き方法
・細長いものは成長途中で収穫されたもの。横に広がる前に収穫されている。丸いものを選ぶと良い。
・茎が太いものは葉に栄養が取られているので、細いものを選ぶ
・つまり、茎が細くて丸い形のものが美味しいタマネギ

ハナタカ優越館1005タマネギ目利き.jpg

写真だと、真ん中のBがいいタマネギ。Aは細長く、Cは茎が太い。Bは丸くて茎が細いから良いタマネギ。


東京都稲城市の多摩養蜂園の塩原さん一家は、5男1女の8人家族。お母さんは46歳で、お父さんは74歳で28歳差だという。

塩原さん家の冷蔵庫を野菜ソムリエが見てみると。。。。

葉物野菜は立てて冷蔵庫で保存する
・横に寝かせると起き上がろうとして栄養を使ってしまうので味が落ち
・葉物は冷蔵室に入れると鮮度が保てる。葉物は温度が低い方がいい。
 冷蔵室は約2~6℃。野菜室は3~7℃。

と、言うことが分かりました。そのほか、野菜のハナタカとして以下のようなものがありました。

・野菜の袋は結露して水滴が野菜につかないようにしている

ハナタカ優越館1005野菜の袋.jpg

透明のビニール袋は意味があった。だが、ずっと冷蔵庫にそのまま入れておくと水滴がつくので、キッチンペーパーでくるんで立てておく。テレビでは、ペットボトルを半分に切ったものに入れてました。

ハナタカ優越館1005野菜キッチンペーパ.jpg

 




◆野菜の味が際立つ肉じゃがの作り方◆

ハナタカ優越館1005肉じゃが9.jpg

材料:ジャガイモ、タマネギ、ニンジン、しらたき、塩麹、肉、しょうゆ、みりん、塩もみ用の塩

※油は使っていないようです。

1.牛肉は塩麹とまぜて、手でもんで柔らかくする

ハナタカ優越館1005肉じゃが1.jpg

2.しらたきは、塩もみしてアクを取り除く

ハナタカ優越館1005肉じゃが2.jpg

3.ジャガイモ、タマネギ、ニンジンは一口サイズにカット

ハナタカ優越館1005肉じゃが3.jpg

ここからは、具材を重ねるのがポイント。

4.鍋にしらたきを敷く

ハナタカ優越館1005肉じゃが4.jpg

5.次に、ジャガイモ、タマネギ、ニンジンの順に重ねる

ハナタカ優越館1005肉じゃが5.jpg

上に濃い味を置き、下の食材にしみ込ませるのがコツ。

6.しょうゆとみりんを入れる

ハナタカ優越館1005肉じゃが6.jpg

味付けはこれだけ。
野菜はかき混ぜない。
素材が落としぶたの役割を果たすので、味が引き出される。

7.15分ほど煮込む。

ハナタカ優越館1005肉じゃが7.jpg

8.肉を野菜の上に敷きつめる

ハナタカ優越館1005肉じゃが8.jpg

肉が煮えたら完成。




◆関連記事◆