日本人の3割しか知らないこと 4/13 野菜ソムリエが教える野菜のハナタカ

98ac4347eaa24439ca8d4cdd1a2370ed_s.jpg


日本人の3割しか知らないこと~野菜ソムリエが教える野菜のハナタカ

最年少高校生野菜ソムリエプロの森之翼君が4月13日放送分で、先月に続いてまた出演してくれました。森之君は、小学校4年生で野菜ソムリエになり、高校生で野菜ソムリエプロになったそうです。美味しい野菜の見分け方から教えてくれました。




美味しいピーマンの選び方
ヘタは、五角形と六角形がある。収穫が早いとヘタは五角形、収穫が遅いと六角形になり糖度が増します。沢山栄養をもらっているのは角数が多い方なので、買うときは角数の多いものを選びましょう。

美味しいたけのこの見分け方
根元の赤い部分にブツブツがあります。根っこが大きくなったり、ブツブツが赤くなったりしているとダメ。根元が育っていないものがいいそうです。

アスパラにはオスとメスがある、どちらを買うべき?
メスは、市場に出回る本数が少ない。しかもメスの方が旨味が多い。オスとメスの見分け方。オスは、先のツボミがふんわりと開いている。メスはキュッとしまっている。

春キャベツと冬キャベツの違い、美味しいキャベツの見分け方
春に取れるから春キャベツではない。種が違う。選び方も違う。春キャベツは、ふんわりと軽くて持ったときにフワフワしているもの。冬キャベツは、中身見がつまって重いものを選ぶと良い。

そら豆の美味しい見分け方
完熟まめは、ほくほくしたじゃがいものような味がする。早採り豆は、しっとりした食感がある。見分け方は、完熟はくびれが波のようになっているが、早採りはスッとしていてくびれがない。そら豆は、くびれがあるものを選ぼう。

ホワイトアスパラと緑アスパラの違い
日本人の5割が知っている違いは、育て方が違う。緑は日に当てて育てるが、ホワイトアスパラは土の中で育てる。ホワイトは、クセがなく柔らかいくて甘い。

日本人の3割しか知らない野菜の保存方法

アスパラの保存方法
アスパラは、横に置くと上に伸びようとするので、栄養を使ってしまう。アスパラは縦に保存しよう。

トマトの保存方法
トマトは、野菜質に入れるといけない。低温障害を起すから。温度が低いと寒さで痛む。涼しいときは常温でいい。夏は新聞紙に包んで冷気が当たらないようにする。

ほうれん草の保存方法
ほうれん草は野菜室ではなく冷蔵庫に保存する。葉物は全体的に温度が低い方がいい。

日本人の1割しか知らない野菜の保存方法

葉の付いたカブの保存方法
日本人が1割しか知らないカブの保存方法。実と葉っぱを切って分けておくこと。葉っぱは、栄養や水分をつかうので切ること。

トマトの切り方
お尻の黄色い水の管がくっきりと分かるものが美味しい。中の種のあるゼリー状の身は、果肉よりも旨味が2倍はいっている。
切り方は、黄色い線の下に種が入っているので、黄色い線の間を切ると綺麗に切れる。

ごぼうの切り方
皮の黒い部分はポリフェノールなので、皮は剥かなくていい。アク抜きしてはいけない。アク抜きでポリフェノールなど栄養が出てしまうから。皮を剥かないと、むしろ美味しくなる。

パセリの料理方法
パセリは付け合せはもったいない。パセリは栄養が多いので料理に使う。βカロテン、ビタミン、ミネラルなどたくさん栄養がある。

森之君が作った料理
パセリの白和え
材料:パセリの葉、茎、人参一口大、厚揚げ、ゴマだけ。
パセリは茹でる。苦味が減るから。

アク抜きしていないごぼうのきんぴら

そら豆の丸焼き
ワタも糖度がスイカと同じくらいあるので甘い。
そら豆をオーブントースターで15分くらい焼くと美味しく食べれる。


◆関連記事◆
→ ハナタカ優越館 9/7 今どきの常識・魔法の言葉・便利なハナタカ・日本地図
◆今、あなたへおすすめ[PR]